匿名 / 北九州公演を観劇

大人の目から見ると、高校生はとにかく若くて元気で無条件に輝いているように見えるけれど、その輝きをお芝居にするのはとても難しい。
私が観た「Q学」は高校生が徐々にとてつもない熱を帯びていき、その熱に観客が巻き込まれていくようなお芝居でした。
当時、あの熱源は何だったのだろうと考えたのを覚えています。
ある動きで私は笑い、ある表情で引き込まれ、思わず涙ぐんだ。あのキラキラは舞台の上でしか結晶しない、本当に不思議なものだったのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

投稿ナビゲーション