そうやって云々頷いていろ

夏のサミット2008 参加
あらすじ
お盆。
「我がふるさとは水に沈む」
そう知らせを受けた若者達は、慌てて田舎に舞い戻った。
いつもなら温かく迎えてくれるはずの生まれ故郷は、
異様に生気を失い、殺伐としたやる気のない雰囲気が漂っている。
どうした!ふるさとよ!同志たちよ!
さぁ、いざ反対運動でも始めるばい!
そんな勢い勇んだ訴えに準限界集落のこの村はビクともしない。
「ならば、分かった。村の存続をかけ、いっそのこと村おこしをしよう。
安心しろ、強力な助っ人は連れて来たけんね!!」
今となっては心霊スポットとして有名な神社しかないこの村に、
壮絶な村おこしの夜が更けていく。

作・演出=田上豊

日時
2008年8月8日〜12日

会場
こまばアゴラ劇場

出演
星野秀介、松高義幸、安村典久(蜻蛉玉)、菅原直樹、土田祐太、鶴川春男(タテヨコ企画)
平岩久資、堀善雄(ザ・プレイボーイズ)、植村宏司(パラドックス定数)

料金
2000円

スタッフ
舞台美術=青木拓也 照明=伊藤泰行 音響=泉田雄太 宣伝美術=ドラゴン・ヤー 制作=尾形典子

公演を振り返って
人物の年齢設定を、20代中盤くらいに上げたこともあり、より社会性のある話を意識して書いたら、故郷がダムに沈むのを食い止める話になりました。
親戚の家が「お池さん」と呼ばれる神聖な水を池から汲める所で、その地元では心霊スポットとして有名だと聞き、親族としてショックでしたね。
ここが着想です。梁から人が落下する衝撃シーンと人間が人形の動きと同期化させられてしまう伝説のシーンがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です