はじめての通し稽古

本日の日記担当、演出家の田上です。

11回目の稽古でした。

はじめての通し稽古をしました。青年団の俳優、能島瑞穂さんが見に来てくれました。

通し稽古というのは、これまでの稽古で積み重ねて来たものを検証する時間です。能島さん曰く「みなさんの真摯で誠実な熱量が舞台に乗りますように」。それを語るノジさんが1番真摯で誠実な人柄が滲み出ていて、みんな涙してしまいました。

初の通し稽古、手応えあり!俳優の勝負根性が出た。これが出るならば、俺は、みんなをさらに信頼して突き進むのみ。演劇!

Q学、どうぞ、ご期待ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

投稿ナビゲーション