報われません、勝つまでは2009

GALA Obirin 2009 参加

あらすじ
熱血復古の大号令!!熊本弁体育会系高校生シリーズ、大復活!!

冬。県内トップクラスの名門ハンドボールチームが全国大会予選決勝にて、大敗を喫する。
試合会場から意気消沈して部室に帰ってくる選手たち。
敗戦の落胆もあり、ミーティングの迷走が、次第にケンカに変わる。
今まで心の内に秘めたメンバーに対するそれぞれの思いが徐々に吐露されていく。
崩壊寸前のチーム。
そこへ、対戦相手のエースがやってきて・・・

田上パルの処女作を新キャストによりパワーアップさせ、再演します。

作・演出=田上豊


日時
2009年6月19日〜2 1日

会場
PRUNUS HALL

出演
星野秀介、松高義幸、安村典久、平岩久資、熊木進、二宮未来
松居大悟(ゴジゲン)、海津忠(青年団)

料金
1500円

スタッフ
舞台監督=木村光晴  舞台美術=中村友美  音響=角田里枝  照明=伊藤泰行
宣伝美術=岡本優  制作=尾形典子  企画=森山貴邦、菅原和恵、羽根佳美
主催=桜美林大学綜合文化学群、GALAObirin2009実行委員会、桜美林大学劇場コミッティ


公演を振り返って
また、やっちゃったよ。性懲りもねぇな。何回目よ、この作品…と思いましたが、キャストが半数入れ替わり、劇中に「監督の娘」という新キャラが登場するなど、初期作品により一層の潤色が加わって力強い再演になりました。
公演中にとんでないアクシデントが起きたりして、いつもただでは終わらせてくれない作品であることを再認識。初演のときより年を取りましたが、変わらない輝きがこの台本にはあることが分かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です